先輩の声「鉄工部 草ケ谷祐司」

新幹線や電車が安全に運行するには欠かせない仕事

鉄工部 入社3年目

草ケ谷 祐司

入社何年目で、どこの部署に所属していますか?

入社3年目 鉄工部に所属しており、設計を担当しています。

現在取り組んでいる仕事は何ですか?

現在取り組んでいる仕事は、主に東海道新幹線ATC更新プロジェクトに関する製品図面の作製をCAD等を使って行っています。例えば、BVダクトの金具製品図面等を作製しています。

休日の過ごし方は何ですか?(若しくは趣味特技は何ですか?)

休日は主に家族と出かけることが多いです。
趣味はロードバイクで近所の山を登るのが日課になっています。
少し前の休日にはお客さんと一緒にロードバイクにて岡部まで往復約60kmほどツーリングに行ってきました。
特技かどうか分からないですが、学生時代に陸上競技(短距離)で100m、200m、400×400リレーでインターハイに出場した経験があります。

苦労したことや印象に残っている仕事は何ですか?

製品を作るのに現場調査が必要なのですが、夏の暑い中線路内を1日中測量しながら歩いたのが一番苦労し、印象に残っています。

仕事のやりがいや、ここが面白いと思う時は何ですか?

自分で測量、設計をした金具が現場でしっかりと付き、お客様に『問題なくついたよ!』と言われる事がこの仕事をしていてやりがいを感じるところです。

新しく入社してくれる方へ一言メッセージをお願いします

私は以前水道関係の仕事をしていて、転職し中途採用で協和電工に入社しました。 金物製品の設計というものは一見地味に見えるかもしれませんが、これらは新幹線や電車が安全に運行するには欠かせないものです。私は最近この仕事にやりがいと誇りを持てるようになってきました。 鉄道のお仕事、設計に興味のある方、皆さんも私達と共に、携わってみませんか?

OTHER INTERVIEWS

鉄道部
入社11年目
今村信樹
鉄道部
入社3年目
丸山涼
鉄工部
入社14年目
松下明弘
鉄工部
入社3年目
草ケ谷祐司
環境部
入社3年目
小田巻理沙